2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業日(ご注文、お問合せの対応は行っております)
2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業日(ご注文、お問合せの対応は行っております)
 
お知らせ

2024/06/14
「オーディオアクセサリー193号」 アースケーブルMINERVAの試聴記事など多数登場!

オーディオアクセサリー 2024 SUMMER(Vol.193)にケーブル工房TSUKASAの製品が多数登場しました!
登場したページは、
BEST Hi-Fi Accessory
旬の音本舗 福田屋
ジャズびたり オーディオ桃源郷
です。



ケーブル工房TSUKASAのケーブルが登場したページを、簡単にご紹介いたします。

1.「アースケーブル MINERVA」の試聴記事が掲載
林正儀先生による「アースケーブル MINERVA」の試聴記事が掲載されました。
記事のページは「BEST Hi-Fi Accessory」P196〜P197です。





仮想アースはSAEC「SGS-042」と組み合わせて、先ず視聴されました。
使用ケーブルは「アースケーブル MINERVA(RCAプラグ−Yラグ端子仕様)」です。
・高水準な音質をキープしたまま、グラウンド電位が安定しバックグラウンドノイズがすっと収まる。
・特にプリアンプの効果は劇的だった。雑いやもたつきが消えクリアになるだけではなく、音場表現を含めたサウンド全体のまとまりや厚みまでアップして驚いた。


そして、仮想アースをサエクのビックサイズの「SGS-100」に交換して視聴されました。
・グラウンドスタビライザーぶりがさらにパワーアップされ、アース電位が大地のように揺るがない。
・極上の静けさと微弱レベルの解像力にのけぞった。
・ジャズのハイスピードなエネルギーや熱量まで再現する効果で、ここまで音楽情報が含まれていたのか‥‥。
・ミネルヴァがそのパフォーマンスをさらに引き出したというべきで、いま体験できる仮想アースの地平を見た思いがした。

とご評価いただきました。


2.「旬の音本舗 福田屋」にRCAケーブルWTS-R3200が登場
福田雅光先生連載のページに、「RCAケーブル WTS-R3200」の視聴記事が掲載されました。
記事のページはP263〜P267です
単線導体の優れた点とは?「時代は単線ケーブルに注目」というテーマで、単線ケーブルをまとめて聴かれた中のひとつにWTS-R3200をご視聴いただきました。
・静寂。ニュートラルで解像度が高く驚いた。
・透明度が高く厚いバランスで。ヴォーカルの深さと解像度の高さが素晴らしい。
・旋律のにごりがなく、レスポンスに優れている。

とご評価いただきました。



3.「ジャズびたり オーディオ桃源郷」にMINERVAのスピーカーケーブルとRCAケーブルが登場
寺島靖国先生連載のページに、MINERVAが登場しました。
記事のページはP268〜P271です

先ず「スピーカーケーブルMINERVA」ですが、スーパートゥイーター用にお使いいただいています。
また、 ”ノイズ除去にケーブルが大きく貢献 今回「三種の神器」が登場した” のお話の中で「三種の神器」のひとつに数えていただきました。
・私の部屋では「中域専用ケーブル」のように聴こえた。
・中域を中心軸とした「中域的高域」と「中域的低音」を発音したのである。
・当然のごとく付帯音は聴こえない。モヤ付きが感じられない。モヤモヤが取れるとモヤの中心部、すなわち楽器本来の音が聴こえてくる仕掛け。

とご感想をいただきました。

一方、「RCAケーブル MINERVA」は、
CDプレーヤーとDAコンバーターの間のデジタルケーブルに使用すると、これだ、という感じで実に丸く収まった。
とご感想をいただきました。

※寺島先生がお使いのケーブルは『RCAケーブル MINERVA-NCF(TMD)[特別モデル・Super TMD施工』です。
※RCAケーブルMINERVAは高域特性が非常に良く、デジタルケーブルとしてもお使いいただけます。


詳しくはぜひ「オーディオアクセサリー 193号」をご覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

閲覧数:208

次へ リストを見る
 

ページトップへ