• AA-193号
  • AA-193号
  • AAF来場のお礼
  • アースケーブルMINERVA
  • 銘機賞2024受賞
  • 電源ケーブルMINERVA
  • アースケーブル試聴記事
  • XLRケーブル試聴記事 AA190号
  • MINERVA-RCA特別モデル
  • アースケーブルWTS-E5700発売
  • MINERVA-XLR発売
2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
アナログオーディオフェア出展(出張)
休業日(ご注文、お問合せの対応は行っております)
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業日(ご注文、お問合せの対応は行っております)
 
 
XLRケーブル MINERVA [標準モデル]
XLRケーブル MINERVA [標準モデル]
129,250円 (税込/送料無料)
XLRケーブル MINERVA-NCF [特別モデル・標準施工]
XLRケーブル MINERVA-NCF [特別モデル・標準施工]
136,510円 (税込/送料無料)
XLRケーブル MINERVA-NCF(TMD)[特別モデル・Super TMD施工]
XLRケーブル MINERVA-NCF(TMD)[特別モデル・Super TMD施工]
141,240円 (税込/送料無料)
アースケーブル WTS-E5700
アースケーブル WTS-E5700
9,460円 (税込/送料無料)
 
RCAケーブル MINERVA[標準モデル]
RCAケーブル MINERVA[標準モデル]
110,220円 (税込/送料無料)
スピーカーケーブル MINERVA
スピーカーケーブル MINERVA
118,580円 (税込/送料無料)
ジャンパーケーブル MINERVA
ジャンパーケーブル MINERVA
44,550円 (税込/送料無料)
RCAケーブル WTS-R5200
RCAケーブル WTS-R5200
18,480円 (税込/送料無料)
 


新着レビュー

 エージングの日々が過ぎて今日で約一ヶ月。
 現用SPケーブルを本SPケーブルに取り替えた時、既に音場はより一層の生演奏を想わせるものがあったが、日が進むに連れて更に深みのある自然な響きを実感した。
 高音域がより澄み渡り、どうもその結果かと思われる?が低音域がぐっと下へ伸びたというか明瞭且つ柔らかく濁りのない(鈍重感のない)明るさが醸しだされている。正しく艶のある音質に快さを感じた。ふと「40万説」のことが頭の中をよぎる日もあった。何しろクラッシク、ジャズ、合唱曲、トランペットやギター曲それらのどれもこれも愉しんで聴ける。
 大変魅力あふれるケーブルを提供くださった司様に感謝する外ない。

お世話になっています。
ケーブルのエージングが終わって、やっと聴けるようになりました。

この3年あまり、メインのオーディオソースが「Roon」を使った配信になったため、その音を基準にしてオーディオ機器を調整してきました。
その調整された機器で聴くと、以前は問題無かったアナログとCDの音に違和感を感じました。
アナログの方は調整して元の音に戻ったんですが、CDの方がどうも上手く行きません。
いろいろやって最後にラインケーブルに行き当たりました。
どうもここがネックだったようです。

さて、早速 RCA「MINERVA-NCF(TMD)」をつないで音を聴いてみました。
私はジャズが好みなんですが、一聴して音の自然さ、響きの美しさ、空間感に惹かれました。
音が自然であると言うことは、どこかの帯域にアクセントがあったりせず、正にそこで演奏されているかの如く自然に聞こえると言うことです。

今までの経験から、得てしてこのように自然に聞こえる場合は、案外つまらない平凡な音に聞こえる場合が多いです。
それでケーブルによっては、低域や高域にアクセントを付けて一聴くっきりした明瞭な音に仕上げている場合も多々あるようです。

ところが、この「MINERVA-NCF(TMD)」は、非常に高度にバランスが取れているのか、聴き疲れしないのに明瞭に音楽的に聞こえます。
こんなことは今までなかなかありませんでした。
上手く言い表せませんが、音楽的にもオーディオ的にも大満足です!
S/Nの優れた空間に、好みのジャズ演奏がくっきりと定位して浮かび上がる様子はうっとりします。

ありがとうございました!

一言で言うと、音楽が心に深く沁みます。
素晴らしいと思います。

以下、経緯と詳細。

これまで使っていた3-4万円の他社電源ケーブルは、その素直な伸びと自然なバランスが気に入ってはいたが、「堀りの深さ」が足りない点が不満。

ピアノやバロックなどのクラシックをメインに聴いており、「掘りを深くしたい、陰影を出したい」という店主に意向を伝えたところ、懇切丁寧なアドバイスを頂いた。

今回選択したプラグはロジウムメッキモデル48(R)。
LUXMANプリメインアンプへと繋いだ。

* 背景が静かになった。
ケーブル交換して気付いたが、以前は背景に微かにザワザワしていたノイズがあったと気付かされた。交換して、それがサッ…と消えた。プラグのNCFの効果なのでしょうか。「掘りの深さ」に一役買っていると思う。

* 高音の耳あたりが良くなり聴きやすく
ソプラノ歌手やピアノの高音、しかもヴォリュームが大きい時に生じていた刺々しさ(歪み?)が減少した。一瞬、丸まり過ぎたか?と思ったが、元々が歪んでいたのかもしれない。

* 最大の狙いは「陰影(掘り)を深くすること」、これが実現できた。
低音がさらに沈み込むようになり、そして輪郭が出てきた。余韻もより深く、豊かに、伸びるように感じられる。ダイナミックレンジが拡がったようで音楽が壮大になった。これは嬉しい。

* 本ケーブルの特徴だとされる「躍動感」について。
一つ一つの音にしっかりとした芯が出て、全体的に生き生きとしてくる。音楽に血が通ったよう。深く、力が漲り、生命力が上がったような印象。特にヴォーカルものは、その歌い手の体温を伴ってより心に迫ってくる。暑苦しい訳でもなく、冷たさもない。(ただし、導体のこの特徴に加えて、ロジウムタイプのプラグである事がこれらの傾向をより際立たせているのかもしれない。他のプラグにするとやや印象は変わるかもしれない。)

今回、代表の別司さんに相談に乗って頂き、快く、適切なアドバイスをくださいました。そのおかげでベストな選択が出来たと思います。

評価

2024/05/02

船頭

今回は、CD、プリアンプ間の接続に使いました。
これでチューナー接続を除いて、全て御社のケーブルになりました。
今回も、一聴して高音は繊細に、低音はより迫力が有り、全体として実在感を強く感じ、聞くのが楽しくなります。

評価

2024/04/16

milsen

WTS-P5200Lに続いて2度目の購入です。
ヘッドアンプの音が気に入らず
MCカートリッジ昇圧トランスとフォノアンプの接続に WTS-P5200Lに性能を合わせました。代用品はPCOCCでしたが、再生音は勝るとも劣らずでクッキリで音の定位は今まで以上に表現されておりフォノケーブル選びの終着点となりました

評価

2024/03/21

ちえぞう

ディスプレイ化していたレコードをもう一度聴きたく、レコードプレイヤーと合わせて、アンプ、スピーカーも購入。プレイヤーとアンプ間を繋ぐには既存で販売されているケーブルでは見合った長さのものが無く、いろいろ調べてケーブル工房TSUKASA様に辿り着きました。
到着したケーブルは、梱包はもちろん、写真で見ていたものより想像以上にしっかりとした丁寧で美しい仕様・仕上がりで驚きました。
接続にあたっても、不安を解消してくれるような詳細な説明書を添付くださり、スムースに行うことができました。オーディオ一式の金額が当初の予算の数倍になってしまいケーブルも私にとっては高額でしたので、少し躊躇してしまいましたが、オーダーさせていただき正解でした。
(仮で接続して聴いていたケーブルの音と比べて)レコードに針を落とした最初の一音から拡がりを感じ、聴こえてくるボーカル、ハイハットの透明感にわくわくしました。
ケーブルにもエイジングというものがあるということを初めて知りました。これからどんどん音を鳴らしていきたいと思います。ありがとうございました。

評価

2024/03/04

船頭

今回発注のケーブルは、プリ〜パワーアンプ間で使用しました。モノラルレコードを聴きましたが、より音が太く且つ立体感を強く感じます。しばらくモノラルレコードを楽しみたいと思います。

これまで200円/mの国産ケーブル、2,000円強/mの国産有名ケーブルを試してきましたが、本製品は一聴してS/N、音の広がり、立ち上がりが良いと感じました。フラットな音質で特定の帯域が強調されることもなく、解像度が上がった印象。機器をグレードアップしたかのような感覚を得ました。唯一難点を言うとすれば、(商品説明にあるように)ケーブルが固いことによる取り回しの悪さです。(ただし、事前に了承済みですので問題はありませんが。)
総評としては非常にコスパの優れたSPケーブルです。SPケーブル探しはこれで上がりです。

評価

2024/02/22

i-mu

過去にケーブル沼から這い上がり、長い間RCAケーブル含め色付けや癖の少ないMOGAMI社のケーブルを使用していたが、昨年辺りから単線への興味が再燃し十数年ぶりに単線スピーカーケーブルを導入して楽しんでいた。(RCAケーブルはメッキ単線)

使用していた単線スピーカーケーブルも特別悪いものではなかったが、オーディオルームの変更で環境が変わり、音の広がりや厚みの物足りなさ、特に低域の密度の低さや沈み込みの甘さに悩まされていた。
そんな中ふと雑誌に掲載されていた『ケーブル工房 TSUKASA』のことを思い出した。
数多のケーブルメーカーが存在し雑誌に掲載されている中で、何故『ケーブル工房 TSUKASA』が思い浮かんだのか私自身にもわからないが、これも何かの縁と思い購入に至った。

十分に鳴らしこみが進んだWTS-SP5500。
まず感じたのは、ヴォーカルの生々しさとピアノの美しさ。ニュアンスが非常に豊かでクリアだ。
そこに重心の低い高密度な低域がスケール豊かに描かれ、壁が取り払われたかのような広大な音場が目の前に現れる。
その広大な音場の中に、各楽器の厚みのある音像がしっかり定位し揺るぎがない。
個人的にはもう少々中域が前に出て来て欲しいと思うことはあるのだが、バランスは非常にフラットでレンジも広い。
今回配置の関係で長尺ケーブルを注文したが、電流の流れがスムーズなのか音に引っ掛かりがなくハイスピードで長尺ケーブルだということを全く感じさせない。
こうなるとMINERVAシリーズも気になってしまうが、それは今後の楽しみに取っておこう。

最後に音質とは関係ない話だが…
ケーブルが届いた時の梱包の丁寧さや厳重さに製作者の人柄や誠実さ、ケーブルへの愛情を感じ、とても感銘を受けた。
ここに一人『ケーブル工房 TSUKASA』のファンが増えたことは言うまでもない。

評価

2024/02/07

船頭

先回はレコードプレーヤー〜MCトランス間に使用しました。説明通りの音質の音が出て感動しましたので、この度も注文し、MCトランス〜プリアンプ間の接続に使用しました。
出てきた音は、一段と見通しの良い且つホールトーンがより豊かに聞こえます。
今後が楽しみです。
今後とも宜しくお願いいたします


ページトップへ